セルフカウンセリングを目指して5つの心理療法を活用して、自分を変化しちゃおう

こころんちの提供する3つのアプローチに5つの心理療法

どもです。まずは、これは続きものなので、

ぜひ、最初から読んでみてくださいね。( ´ ▽ ` )↓

 

それでは、はじめていきましょう。

前回お話した3つのアプローチは

思考のアプローチ 感情のアプローチ 感覚のアプローチです。

今回の5つの心理療法は、私の記事をいろいろ読んでいる方は

ある程度、わかっているかもしれませんが、

この5つになります。

「5人のパーティで、いざ出陣!ドラクエみたい。」

 

 

「思考法」

頭の中に出てくる言葉や考えを、論理的な方法で

変えていく。左脳的な使い方ですね。

思考の切り替えや書き換えを学んでいきます。

 

「呼吸法」

こころが不安定になると「呼吸が乱れる。」といいます。

呼吸を調整することによって、逆にこころを

リラックスしたり、元気にさせたりする方法を

学んでいきます。

 

「感情法」

感情はためてしまうと、どんどん水のように

よどんでしまいます。上手な吐き出し方。

上手な受け取り方を学んでいきます。

 

「イメージ法」

心の問題には「今は起きていないのに

過去の事や未来の事をイメージ化してしまい振り回される。」

というのがよくあります。イメージに振り回されない方法

イメージを創造していくことを学んでいきます。

 

「感覚法」

「悩みがあるとうつむきやすくなり、

怒ると眉間にしわがよる。」など、心の状態は

体に無意識で反応として現れます。

また、視覚 聴覚 臭覚 味覚 触覚など

5感を使い、色んな反応を受け取ります。

それらの上手な反応のつくり方や受け取り方を学んでいきます。

「ふむふむ、5つの個性が1つに集まるわけか!」

「ちなみに、5人の個性のメンバーというと誰を想像しますか?」

 

 

5つの心理療法の進め方

まずは、5つの心理療法の基本的なものを学んでいって

もらいます。

この基本的なもので、満足される方もいますし

どれが、楽しいかもわかってきますよね。

1つのやり方だけの心理療法だと、合わない場合も出てきてしまうので

5つを学んでいただいて、あなたのお気に入りを探してください。

それがみつかれば、それを中心にして学んでいけば

効果的だと思います。

そして、この5つの基本ができると、スキルを上げて応用編に

取り組んでみてもいいですし、何組かを統合して

セラピーをより高めていくのもいいかもしれません。

「5人といえば、どっどっドリフですよね♪スマップ?嵐?さぁー知りませーん。」

 

まとめまっせ。( ̄▽ ̄)ノ

こころんちの特徴

 カウンセリングスタイルは、傾聴とセラピーの両方

 心のバランスを整えるための3つのアプローチ

  思考と感情と感覚

 3つのアプローチに5つの心理療法

 思考 呼吸 感情 イメージ 感覚

 

〈 総評 〉

過去の経験から思うことは、

心の問題には、こころのすべての力を使う事が、

一番早く楽に問題から抜け出る方法だと実感します。

そして、ここで経験した知識と技法は、

あなたが今後、他の悩みに直面したときや

身近な人が、悩まれてる人がいるときに、

おおいに役に立つものになるはずです。

ぜひ、あなたの人生をワクワクさせるツールにお使いください。

 

たうさん
最後まで読んでいただきありがとうございました。

面白そう!と、思っていただけるとうれしいです。

うーん、もうひと声!の人は、こちらです。笑