知られていない自信の本質と罠、だから自信がもてない理由!

知られていない自信の本質と罠、だから自信がもてない理由!

どもです。

「心のものさし」と言うところで、前回話は終わりましたが

続きをしていきますね。

そもそも自信を誤解したり、わからなくしてしまう原因の言葉に

「自信を持つ」「自信をもてない」「自信を身につける」などと

いうのがあります。

この言葉によって、自信は、もてたり、身につけたり

持ち物のようなものに、無意識的に感じさせてしまいます。

自信は、重いものでも、見失うものでもありません。

自信は「心のものさし」です。

経験の積み重ねでつくられた「心のものさし」です。

 

「昔、ものさしで叩く先生いたなぁ。」

 

 

心のものさしは、経験の積み重ね。

経験は、無くなることはありません、経験が減ることもありません。

あなたが、失敗や成功と感じたものすべては

経験であり、あなたの自信として積み上げられていきます。

自信は、持つものではなく

「自信を積む。」とか「自信を育む。」という言葉が

適していると思います。

言葉は、自己暗示力がありますので

気づいたら、頭の中で変換するようにするのがおすすめです。

 

「変身するでござる!って、なんで忍者はこんな言い方?笑」

 

 

 

例えば、あなたが何かに失敗すると!

あなたが、何かに何度も失敗してしまうと

自信を失くしてしまったと思ってしまいます。

そうすると、なんとか自信を取り戻そうとします。

失くしたから、取り戻す必要が出てきます。

でも、誰に奪われて、どこで取り戻すんでしょうか?

また、取り戻すという言葉は、深い意識の中で

奪おうとするものがいるという考えが創られます。

そうすると、奪われる恐れが心の中に生まれてきます。

この悪循環が、「自信」というものを

難しくさせていきます。

ここから、解放させてあげてください。

 

「自信」は、失われるものではないので、奪われません!

だから、恐れは必要ありません。

 

「ふっふっふっ 何人も俺の自信を奪えねぇぜ!」

 

 

 

じゃー!何が必要?(´・ω・`)

自信を失ったと感じたら、「自信(心のものさし)の調整が必要だと

思ってください。

ものさしに、ズレが生じてるだけです。

時計や体重計やピアノでも、定期的に調整しますよね。

体のメンテナンスもそうです。

自信も調整して上げることが必要です。

 

調整って何するの?(´・ω・`)

はい!、今までの経験の見直しと、

新しい経験を積むことです。

 

 

たうさん
最後まで読んでいただきありがとうございました。

カウンセリング希望の方、ありがとうございます。

もう少しお待ちくださいね。

また、記事にして欲しいジャンルがあれば、メールくださいね。

恋愛関係も書きたいんですけどね。(^O^)