いくらやっても感情に振り回される人のほとんどが見落として失敗しているもの

いくらやっても感情に振り回される人のほとんどが見落として失敗しているもの

どもです。前回を見ていない人は、

ぜひ最初から見てくださいね。

 

では、ここからは、感情マスターを目指している方ばかりですね。

お店を開いて、「ヘィ!マスターいつものやつ!」と

言われるために頑張りましょうねヽ(´▽`)/ ちがうか。

 

では、またスキルを上げていきますね。

今回は、よく感情をコントロールしようとして全然できない方が

見落としていることを踏まえながら、話そうと思います。

いくらやっても失敗が重なると、どんどん自信がなくなって

自分を信頼できなくなりますからね。

「オイラ。ペンギン初号機だぜ!落としたものは拾おうぜ!」

 

 

どんなことを見落としたっけ?

それでは、始めていきますね。

見落としているものですが、それはいい感情です。

いい感情というと、感情に良い、悪いはないので

誤解をうけやすいですが、気分をよくする感情と

考えてみてください。

 

では、ここで遊びましょうね。

気分を悪く(落ち込ます)する感情って、どんな感情がありますか?

 

 

 

結構出てきませんか?

悲しみ、怒り、さみしさ、嫉妬など、結構簡単だと思います。

 

では、逆に気分をよくする感情です。どんな感情がありますか?

 

 

 

どうでしょうか?

簡単に出てきました?

楽しさややさしさが、1番多いかも。うれしさや喜びは、似ているし

そこから、なかなか出てきにくくなりませんか?

悪い感情と同じように、スラスラでる方は、

すごくバランスがいい状態の方ですね。

人は、あんまりいい感情について考えないですが

悪い感情については、色々考えすぎてしまうので

ついつい悪い感情に敏感になります。

ここを改善しないと、すぐに悪い感情に振り回されてしまいます。

ということで、いい感情とつながりを強くするスキルを

上げていきましょうね。

 

 「思い出すと、いろんな感情とつながってきたなぁ。」

 

 

 

では、いい感情とつながっていきまっしょい!

では、いい感情をもう少し理解していきましょう。

理解することによって、よりつながりやすくなりますのでね。

いい感情と言って、すぐにつながれるといいんですが、

つながらない場合は、記憶をたどるやり方があります。

なぜなら、記憶と感情はくっついているからです。

過去の思い出の中で、いい気分にしてくれるものを探して

それを感じてみてくださいね。

「遊園地、かき氷、100点、モテたぁ・・あれは夢か!」

 

 

では、はじめましょうね。

体をリラックスできる姿勢にしてくださいね。

目をつぶって、ゆっくり深呼吸してくださいね。

3回くらい深呼吸してみてください。

そのあと、自然な呼吸に戻してくださいね。

 

では、いい感情の思い出してみてください。

楽しかったことや、優しくされたこと

自然の美しさや、かわいい動物

自分を大切にしてくれた人たち、

ほめられたり、やりとげることができた達成感

つねに愛を感じていた記憶を思い出してみてくださいね。

 

記憶とつながったら、その時の感情を

感じてみてくださいね。

 

そして、大きく深呼吸して、

その感情を体全体に流してみてくださいね。

そして、自然な呼吸に戻して、

その気持ちよさを味わってくださいね。

気分をよくする感情とつながることは

すごく大事なことなので、

1日1回やってみてくださいね。

 

たうさん
最後まで読んでいただきありがとうございました。

最初は慣れないので、難しいかもしれませんが、

新しいおもちゃと思って楽しんでみてください。

スキルが上がると「わぁぉ!」と思っちゃいますから。(^∇^)