カウンセラーが忠告、男の本質教えるべ!

カウンセラーが忠告、男の本質教えるべ!

どもです。

今回は、前回の続きで、男性の本質を更に理解して

いこうと思います。

違いを知るという事は、相手に新しい可能性を見ることでも

あります。

そこが、新しい魅力の発見になるか、

ケンカの種になるかは、あなた次第です。

それでは、早速続きを始めていきましょう。

 

「前回、なんだっけ・・。」

 

 

 

 

 

 

カウンセラーが忠告、使える男の本質知っとけなはれ!

それでは、共通点の続きはじめていきますね。

 

男は与えるのが好き!

 

男は、小さい頃からヒーローものが大好きで、

大人になっても、マンガや映画では、世界的に不動の人気があります。

ヒーローに憧れる男の子は、大人になっても頼れる男になりたいと思います。

最近は、中性的なヒーローも出ていますが

社会においては、まだまだ男性社会ですので、

頼れる男を求められる傾向はあると思います。

年齢が高い程、その考えの男性が多い気がします

 

ここで、注意する事は女性で与えるのが好きな人は

世話好きな人が多いので、つい勘違いしてしまいがちです。

行動は似ていますが、求めているものが違いますので

注意してくださいね。

そんな男性といい関係を築くためには、

世話好きなところのツボを押しても、効果はよくありません。

ヒーローのツボを押してあげるのか大事になります。

 

 

例えば、

あなたが夜のお店で働くママさんだとします。

常連のお客様で、会社の部長がいます。

こうした、ああしてやったと、オレオレ系の方でしたら

与えるのか好き系かもしれません。

 

この部長がいつものように、できない部下の愚痴をこぼしています。

そんな時、なんて言うといいでしょうか?

 

部長

「いや~ママさん、いつもやつ!」

「ほんまに、アホな部下ばっかりやわぁ。

「あのお客さんを、なんとかしてこい!」って言ったら、

急に背後からタックルしに行きやがって。あの部下わけわからん。

わし、鬼謝りしてもうたがなぁああ!」

 

 

食いだおれママ

「部長さんも、今日も大変だったんですね。

たくさん部下をりっぱにしなくちゃいけないのだから

本当にご苦労様です。

今日は、忘れて楽しんでくださいね。」

 

 

これよりも、私がオススメするのは

 

 

新食いだおれママ

「あら、そりゃ部長さんのレベルに比べてしまうと、

みんな無能に見えてしまうわよ。

実際、部長がほとんどこの会社を支えているようなもん

なんだから、今日は忘れて楽しんでくださいね。」

 

という、感じがいいと思います。

まぁ、夜のお店は、色恋モードもあるので、

そこらへんのツボを押さえて話すと

より効果があると思いますが

それは、またの機会でも話せたらと思います。

また、よろしくです。

 

 

 

 

「んーサッカーワールドカップが、始まるというのに

今回テンション上がらない。ありゃまぁ~。」

 

 

 

 

 

たうさん
最後まで読んでいただきありがとうございました。

久しぶりに続いて書いちゃいました。

次回も、書いていくのか、他の書くかは気分次第です。

最近、台所リフォームを考えて、色々調べたら

頭いっぱいになりました。煙出そうww

カウンセリング考えてる人も、こんな感じで

見てるんだろうなと、ふと思いました。( ´ ▽ ` )