なんでも話し合える仲って、言うほど簡単じゃない理由!

なんでも話し合える仲って、言うほど簡単じゃない理由!

どもです。

恋愛や夫婦などが仲良くするための秘訣を

去年から話していますが、

うそ!しらんかった!という人は

最初から読んでみてくださいね。

 

「らんらんるー♪ではじめましょ!」

 

 

 

愛とは、大変なものよねぇ。

愛情というのは、目に見えないものであるので

自身の知識と経験と他人との比較などを用いて

判断していきます。

お互いが同じものさしで計れば

問題は起きにくいわけですが

違うものであれば、

相手にとっては愛を満足に感じても

本人は不満に感じるところが出来て、

それが喧嘩のタネになりかねません。

よく「なんでも話し合える仲」という言葉が

恋愛や結婚の理想の形にはよく出てきますが

実際はどうなんでしょう。

ときめいている時代は、相手からの感謝や褒め言葉で

あふれていますから「なんでも話合える仲」というのは

「不満があれば我慢しなくて言っていいんだよ。」という

意味合いがあります。

でも、不満が増えてくると、どちらか片方にかたより

やすくなります。

限界が来るとケンカになり、お互いが不満をぶつけ合い

不満のいい分も五分五分になり落ち着きます。

ただ、ここで別れ話が何度か出てくると

お互い喧嘩を避けるようになるので

不満が溜まる一方でガス抜きのケンカが

できなくなります。

その時期になると「なんでも話し合える仲」は

もっと不満を理解してもらう関係の意味になります。

そうです。 (´・ω・`) ありゃま

感謝がなくなってしまうんです。

あるといえば、感謝を伝え合うというより

「我慢して2人や家族のためにしている私に

感謝しろ!」という気持ちが強くなります。

感謝してもらってないから、

私からも感謝を表現するのを、少しづつ

やめていったかもしれません。

 

 

「にゃんだこのやろう!感謝だ!ばかにゃろう!」

 

 

 

感謝カンゲキ!あめぇーありゃりゃ!

本来「なんでも話せる仲」というのは、

「感謝も不満も言い合えて、お互い受け止めて

より成長していく仲」のことだと思います。

「2人の愛を育てていくもの」は

「2人の愛に対しての要求を調整していくもの」です。

要求の調整には、愛情に関しての不満と感謝を

上手に使っていく必要があります。

特に感謝は、大きな問題です。

長く関係が続くと、してもらうものはあたりまえに

なりがちになり、感謝を言うことは

「何を今さら!」という気持ちで言いにくいものです。

自分の両親や兄弟姉妹に感謝を伝えるのが恥ずかしいように

2人の関係が長くなり家族化されるほど

伝えにくくなります。

また、あなた自身の小さい頃の家庭環境で

感謝ではなく否定や罵り合いばかりであったとしたら

反面教師として180度変えようとする

強い意志がないと、この悪循環が

巻き込まれてしまいます。

 

「はいはい。ありがとねーっと♪」

 

 

たうさん
最後まで読んでいただきありがとうございました。

なんか、まだ続きそうです。たはは(笑)

寒い日が続きますが、風邪ひかないで元気なんで

このまま過ごしたいと思う今日このごろです。

みなさんも、ご自愛くださいね。( ´ ▽ ` )