性格を変える。自分を変える。さらにカウンセラーがオススメする方法とは!

性格を変える。自分を変える。さらに効果を上げるには!

自分自身をより変化しやすいようにする方法として

あと2つあります。

 

1つは、イメージです。前回お話したように 

子ども時代は、理論的なことが苦手です。

だから親も、理論よりも感情などの表現方法を使います。

 

それと同じように、イメージを使ってしつけすることも

多いです。

 

昔話や絵本をまじえながら、子どもたちに教訓を教えるやり方とか

「ほら、言うこと聞かないと、おばけに食べられちゃうぞ。」とか

「歌を歌ってると、怖いおじさんが著作権の話に家まで来るぞ。」とかww

ただ、イメージは効果的なのですが、大人になればなるほど

イメージ力が低下してしまう傾向にあるので

イメージ力を上げていくと更にいいと思います。

 

コマーシャルや、商売の世界では、この不安のイメージを

植え付けてからの安心を与えるやり方は、多く使われます。

また、そこらへんの話もじっくり話していきたいですね。

 

ポイント
イメージ力をあげて、効果的に使う。

 

たうさん
ただ、これは効果があるので、大人になっても子どもたちに、
未来の不安のイメージを言いすぎてしまう親も多いですとほほ。

 

性格を変える。自分を変える。最後に効果を上げるには!

子どもは、感情のかたまりなので、

大人よりも感情の扱いがうまいです。

大人は理論的に考えようとするので、感情を留めやすくなり

逆に、子どもは切り替えが上手です。

泣いたと思ってたら、もう笑っていたりしますよね。

 

子どもを叱って、感心することの1つに、

こんだけ強く怒っても、泣くけどすぐケロッとしていることって

ないでしょうか?

すっかり忘れて、またやっちゃう子もいますよね。(´ー`)

逆に、自分自身が仕事場やパートナーに同じように言われたら

えらいことになりますよね。

 

子どもが変化の対応に早いのは、これがあるからです。

不安やストレスを上手に解消してるからです。

 

大人になると、なかなか変化に対応できないなぁと

感じる原因はここにあります。

 

ポイント
不安、ストレスの解消法のスキルアップです。

 


たうさん
ただ、これは効果があるので、大人になっても

子どもに強い否定的な感情を使いすぎてしまい、

子どもが、ストレスでバランスが崩しやすい体質にしてしまう親も多いですとほほ。

 

自分を変える!性格を変える!まとめ!

こころんちで、やっているやり方はこれを大事にしていきます。

●感情を上手に使うスキルの向上

●言葉を上手に使いながら、理想の自分に近づくスキルの向上

●マネ(模倣)から、本当の自分へと実感できるスキルの向上

●イメージ力のスキルの向上

●不安や、ストレスの解消スキルの向上

 

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

これが、こころんちでやっているカウンセリングです。

 

「これだけやったら、絶対変われそうだな。」って

思っていただけると嬉しいですし、

実際、変わられていく方をたくさん見てきました。

文章で書くと堅苦しく見えますが、

私のコンセプトは、サイトと同じ

「楽しく、わかりやすく、無理なく、最後にまた楽しく!」です。

自信を持っておすすめしています。

なぜなら、あなた自身が、このやり方で変わってきたからです。

 

 

例えば、あなたが、もっと自信を持ちたいと思っているのでしたら

自信を持ってると感じ始めるとどうなるでしょうか?

自信を持つことが理解できて、近づけていると思い始めると

どうなるでしょうか?

マネから、本当に自信を持てていると実感したらどうなるでしょうか?

ストレスや不安を解消出来始めると、どうなるでしょうか?

そして、自信を持ってからの自分の未来が、想像できると

どうなるでしょうか?

 

うーーーーーん

 

「そうすると楽しくなって、人は自然を変わっていっちゃいます。(*゚▽゚*)」

 

たうさん
この回のお話で、少し興味持ったぞ!思っていただけたら
ぜひ、メルマガ登録お待ちしています。(*´▽`*)

 

 

にゃん美ちゃん
なによ!あんた!もう少し話聞かせなさいよ!と

私みたいに思ったら、こっちよ!