思考を上手に使うために思考力アップしょう。ただその前に罠があるぞ!

思考を上手に使うために思考力アップしょう。ただその前に罠があるぞ!

どもです。こころんちの特徴の中でお話しましたが

今回は、3つのアプローチの中の思考のアプローチを

見ていきたいと思います。

そして、5つの心理療法の中の思考法の基礎を

紹介していきたいと思います。

気軽に楽しんで読んでくださいね。

それでは、はじめますね。

 

「えーと、楽しむんだったね。」

 

思考法ってなんだっけ?

忘れてる方もいると思いますので、簡単に説明しますね。

「頭の中に出てくる言葉や考えを、論理的な方法で

変えていく。左脳的な使い方ですね。

思考の切り替えや書き換えを学んでいきます。」

こんな感じです。思い出しましたか?

あとですね。

「流れてくる思考に、ただ振り回されるのではなく

こちらが意識的に誘導して、自分に有効的な思考を

プロデュースする力。」これを、思考力といいいます。

ということで、1つずつスキルアップしていきましょうね。

 

ただ、その前に思考が簡単に変化しない原因の1つ

観念について少し話したいと思います。

 

「ほれほれ!思考力ア~プゥ。」

 

観念とカレーうどんとな?

観念は、例えると、白い服についたカレーうどんの汁のシミみたいなもんです。

マニアックな例えですねぇ。(*_*)

うどんのシミは、服についた瞬間に水で洗えばどうもないんですが、

ほっておいて数日後に気づいて洗っても、完全に取れなくなり

泣いてしまいます。(T ^ T)よくやってしまいました。トホホ

カレーうどんを気をつけて食べていても

「えええ!そこ!」っていう所に汁がつくように、

観念も知らないうちに、わたしたちの思考に常識のように

くっついてしまいます。

いい観念ならいいのですが、悪い観念は、うどんのシミと違って

広がって行く可能性が有り、そうなると、思い込みや偏見や差別的

思考が生まれやすくなります。

観念もうどんのシミと同じで、服についたシミを見つけて

漂白剤につけて、洗濯する必要があります。

これが、思考の書き換え力になるわけです。

「うぁ、むちゃくちゃ、うどん食べたくなってきた。」

 

思考力アップを邪魔する観念をまずチェックしようね。

悪い観念は、調子のいい時は影に潜み、弱気になると

心にささやいてきます。

ついつい「そうなのかなぁ。」と思ってしまいます。

●人の癖や性格は、治らない。治るとしても十年ぐらいかかる。

 

●悪循環は、生まれたての運の悪さのせいで、どうしようもない。

 

●人は変えることができない。

 

これを書き換えていきます。

何度も見たり、声に出したり、ノートに書くと効果が大きくなるので

ぜひやってみてくださいね。

 

●私の癖は、ほっといても3ヶ月で変化する。

 

●私の悪循環は、無意識にしてしまうものです。

私がその悪循環を見つけることができれば、

いい流れに変化させることができる。

 

●私の脳には思考の善悪はなく、それがよく使うものかどうかを大事にする。

私の脳はいい癖を意識させると、勝手に無意識にしていい癖を大事にしていく。

 

●人を変えることはできる。

ただ、自分が変わることによって関係性が変化して人は変わる。

 

 

これを、定期的に読んだり、書いたりして、頭に入れていただいたらいいです。

それだけで、こころのクリーニングになります。

じゃークリーニングも終わりましたので、次から思考力をつかって

遊びましょう。

 

たうさん
最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事書きながら、途中でうどんの画像を見まくってしまいました。

うん。うどん最高!(^∇^)次から、やってみましょうが増えますね。

知る(汁)ことを他のシミにして下さいね。笑