カウンセラーが使う、愛する人からの別れからの執着度9段階の解説!

愛する人からの別れからの執着度9段階の解説!

どもです。

前回、執着度の9段階をお話しましたが

みなさんは、どの段階にいるか確認できたでしょうか?

今回は、それを踏まえて、少し解説を入れようと

思います。

カウンセラーにとって、相談する方の状態を把握することは

すごく大事なことです。

どんだけりっぱな手法があっても、

相談者の状態によって、その効果が変わったり

逆にひどくすることもあるからです。

なんでもそうですが、自分の手法をアピール過ぎる方は

過信すぎてておすすめできません。

自分の偉大さや手法のすごさばかり言う人には

ひっかからないように気をつけてください。

 

「この天才カウンセラーが言ってるんだから、間違いなし!」

 

にゃん美ちゃん
おめえだよ!

 

 

 

執着度9段階を解説していくね!

愛する人との別れによる執着度9段階は、

見てわかるように、1が軽くて、だんだん9に近づくにつれて

症状がひどくなります。

私が相談者と最初に会話するときに、注意していることがあります。

それは、悩みにより起こる症状が、思考によるものか

感情か、それとも身体に出ているのかです。

9段階の話を照らし合わせていくと、

まずレベル1は、悩みにならない話ですよね。

思考レベルは、2・3ぐらいですよね。

この段階であれば、意識的に思考の切り替えレベルを

上げることによって、簡単に抜け出せると思います。

まあ、病気で言うと、早期発見レベルですよね。

 

レベル3ぐらいから、感情が出始めてる状況ですよね。

さみしい、悲しい、せつない(会いたい)など

どんどん消えずに、心の中に積もっていき

レベル4・5・6と、下がっていってしまいます。

感情が出始めると、一人では厳しくなります。

レベル3ぐらいでカウンセリングなどにいけば

いいのでしょうが、虫歯と同じでついつい

なんとかなるだろうと思ってしまいます。

「あっ!やばい!」と、人が思う段階で

一番多いのはレベル6です。

ここが運命の分かれ道ですよね。

ここでしっかりケアしないと、感情レベルから

身体レベルになってしまいます。

 

「泣いてなんかないやい!」

 

 

レベル7からは、身体が「助けてくれ!」と、

悲鳴をあげている状態です。

このレベルになると精神科などの薬物療法だけとか

カウンセリングだけとかでは、なかなか難しくなります。

両方をしながら、心を安定するのが

一番早いやり方だと思います。

カウンセリングだけをするとしたら、

薬の代わりに、イメージワークや呼吸法などを

して頂きながら、カウンセリングで課題(セッション)を

1つずつクリアしながら回復するやり方を

おすすめしますね。

 

レベルを見る楽しさは、自分の位置がわかるということです。

治っているのか?悪くなっているのか?、わからない事は

すごいストレスです。

1段階でも、自分のレベルが上がっていると思えた時の

うれしさは感動的であり、モチベーションが

すごく上がります。

 

「モルゲッそだねー!平昌五輪見てないと、わからないネタだね~!」

 

たうさん
最後まで読んでいただきありがとうございました。

気づけば春ですね~♪

春のポカポカの中、うつらうつらと過ごしたいものです。

明日は、東日本大震災の日ですね。

世界中が日本だめかなと思い、何十年は苦しい時代が続くと

思われた日本が、しっかり頑張ってきました。

素晴らしいと思います。

これからも、亡くなられた被災者の方にお祈りし

助けて合ってきた全ての方に感謝を贈ります。

本当にありがとうございます。( ´ ▽ ` )